*

プリペイド的な感覚で使えるAmazonギフト券はなかなか便利


私はAmazonでネット通販をする際、Amazonギフトカード(券)を多用しています。

初めてAmazonギフトカード(券)を使うようになったのは、アンケートサイトがキッカケでした。
アンケートサイトでアンケートに回答してると、それに応じてポイントが付与されます。
ポイント数が一定以上貯まると換金出来るようになるのですが、現金等に換金すると手数料を取られてしまうんです。
手数料自体は100円程度なんですけど、500円分換金するのに100円手数料に取られるって何気に不満。
そこで手数料の発生しない換金先はないかと調べてみたら、Amazonギフトカード(券)等のギフトカードだと無料で換金出来るのを知りました。
ギフトカードは他にもあったんですが、Amazonでネット通販する事が多かったのでAmazonギフトカード(券)に換金してもらったというわけです。

発行してもらったAmazonギフトカード(券)はメールタイプのもので、メール本文内に記載されてる番号をAmazonアカウントに登録すればいいだけです。
ほとんど手間はかかりませんし、Amazonでネット通販する際にはAmazonギフトカード(券)で貯めた分を支払いに使えるので結構助かりました。

最初の頃はアンケートサイトの換金分をAmazonギフトカード(券)にしてただけなので、ちょっとお得なクーポン程度にしか考えていませんでした。
でも使い慣れてくると、この考えが変わりました。
私はクレジットカードを所持していないので、支払いが毎回面倒でした。
代引きだと手数料発生しますし、コンビニ支払いならコンビニまで出向かないといけません。
コンビニは近場なので移動距離は短いんですけど、これが結構面倒なんです。
というのも私がAmazonでネット通販する時間帯って大体就寝前なので寝巻きです。
わざわざ外出用の服に着替えてコンビニまで支払い・・となると結構面倒です。
でもAmazonギフトカード(券)で支払いを全部済ませてしまえば、そんな手間はかかりません。
クレジットカードで支払いをしてる人と同じような便利さだと感じ、支払いをAmazonギフトカード(券)で行うようになりました。

Amazonギフトカード(券)購入場所はコンビニです。
コンビニだと現金でAmazonギフトカード(券)を購入出来るので、クレジットカード未所持にお勧めの購入方法ですね。
1万分程度のAmazonギフトカード(券)を購入して登録しておき、欲しいものがあったらAmazonギフトカード(券)から代金を支払っていくようにしてます。
まあプリベイト的な感覚ですね。
大体5000円を切ったら、1万円分のAmazonギフトカード(券)を購入して補充するようにしてます。
Amazonでネット通販をよく利用し、クレジットカード未所持って方にAmazonギフトカード(券)はお勧めです。



コメントする