*

Amazonギフト券はギフトカタログよりも優れたプレゼント

私はAmazonギフト券を学校の卒業時のプレゼントとして、後輩たちからもらいました。プレゼントでAmazonギフト券などの金券を渡すのは味気ないと避けられがちです。実際わたしの場合、ギフトカタログはあげても金券まではプレゼントで他人に渡したことがなかったのでかなり新鮮でした。しかしAmazonギフト券はギフトカタログの何倍も多い商品の中から好きなものを選べるということを考えると、とても合理的だと今では思います。また、わたしがもらったAmazonギフト券は包装もカードの柄もかわいらしく、プレゼント感のあるものでした。ほかにも誕生日用のものなどがあるようで、コンビニでも簡単に手に入れられることを後から知りました。もともと通販は使用しており、俄然Amazonより楽天派でしたが、このAmazonギフト券をもらってからはAmazon派にシフトしつつあります。それほど高額なAmazonギフト券でもなかったため、私はずっと欲しかった書籍と少し高めの化粧品を購入しました。このようなちょっとしたものや、ほんの少し高くて今まで手を出していなかったものに関しては、買うきっかけがないと購入に至らないので、本当にいいきっかけになりました。またそれくらいの価格帯のものをプレゼントで選んでもらうには好みもありますし、かなりリスキーですよね。Amazonギフト券を足しにしてプライム会員にグレードアップすることもできますし、生活の質をちょっとだけあげる素敵なアイテムだと感じました。私の場合はAmazonギフト券をカードの状態でもらいましたが、カードがなく数字だけでやりとりできるAmazonギフト券もあります。無くしてしまうなどのリスクが減るので、見た目を気にしないならば、カードがないバージョンのAmazonギフト券もおすすめですね。Amazon自体、書籍や映画、音楽など、サービスの幅をどんどん広げており、利用者も周りで増えているように感じます。そんなときにちょっとしたお礼やプレゼントでかわいいAmazonギフト券をプレゼントするのもアリですね。


コメントする